熊本の酒を知る
歴史と特徴

  • 焼酎
  • 日本酒
  • ワイン
  • リキュール
  • ビール

KUMASHOCHU球磨焼酎

本格焼酎のメッカ、熊本
人吉球磨は米焼酎のふるさと

歴史


米どころ人吉球磨で米焼酎造りが始まる
約500年前、人吉球磨地域にもたらされた蒸留技術

 人吉球磨地域は、九州山系の山々に囲まれた盆地で寒暖差の激しい気候にあり、盆地の中心を日本三急流の清流「球磨川」が流れていることから、熊本有数の米どころとして知られています。
 この地域で米焼酎造りが始まったのは約500年前。当時の藩主相良氏は、東南アジアや大陸と盛んに交易しており、その時、蒸留技術が持ち込まれたことがきっかけではないかと言われています。焼酎造りは瞬く間に広がり、現在まで受け継がれています。

特徴


球磨焼酎は、世界にも認められた数少ないブランド
2種類の蒸留法で多彩な味のバリエーション

 球磨焼酎は、スコッチウイスキーやボルドーワインのようにWTO(世界貿易機関)により地理的表示の産地指定を受け、地名を冠することを許された世界でも数少ないブランドです。
 「原料は国産米(米こうじ含む)と人吉球磨の水のみ」「一次もろみに、米こうじと水を加えてさらに発酵させ単式蒸留器で蒸留」「全ての工程を人吉球磨で行う」という条件を満たした焼酎のみを「球磨焼酎」と呼ぶことができます。濃厚な香りと深いコクの「常圧蒸留法」と、さわやかで飲みやすい「減圧蒸留法」の2種類の蒸留法で、200以上の銘柄が造られています。

楽しみ方


定番の飲み方から人吉球磨ならでのはの「直燗【じきかん】」「燗ザロック」まで楽しみ方もさまざま

 定番のストレート、オンザロック、水割り、お湯割りはもちろん、ジュースや果物を使ったカクテルも楽しまれています。また、人吉球磨地域では「ガラ」と呼ばれる酒器に焼酎を注ぎ温める直燗という伝統的な飲み方があります。味わいがまろやかになり「チョク」という猪口を使って飲みます。直燗を氷の入ったグラスに注ぐ「燗ザロック」という飲み方もこの地ならではで、燗の甘みやまろやかさをそのままにロックの清涼感を楽しめます。

SAKE日本酒

水の国で、米どころ、そして
酒の神様の存在が、おいしい酒を生み出した

歴史


多様な水質の水、酒米、そして「熊本酵母」がつくりだす
フルーティー、華やか、そしてキレのある辛口まで

 かつて熊本では酒と言えば赤酒でしたが、明治時代初めの西南戦争で官軍のために持ち込まれたことで日本酒人気が広がりました。さらに熊本の日本酒造りを支えたのは「酒の神様」野白金一【のじろきんいち】の存在です。野白氏は熊本で良質な日本酒を造るため指導を重ね、県内の蔵元らと熊本県酒造研究所を立ち上げ、初代技師長に就任。発酵タンクの温度を一定に保つ「二重桶方式」など、全国の酒造りにも生かされている技術を生み出し、熊本の日本酒が全国レベルに引き上げられました。

特徴


幅広い味わい、香り、コクを生み出すことのできる熊本の地下水、オリジナル酒米、酵母

 熊本は水の国と呼ばれるほど地下水が豊富。湧水によって硬度に大きな幅があり、その土地ならではの酒造りに活かされています。14年の歳月をかけて開発された熊本県初のオリジナル酒米「華錦」は、大粒で心白が大きく、磨きの度合いに応じた個性を楽しめる米で、淡麗辛口から芳醇タイプまで幅広い酒造りが可能。そして、日本酒造りに欠かせないのが酵母。1953年に野白氏が分離・培養した「熊本酵母」は、フルーティーな香りやキレのある辛口など、造り手の要求に応じた個性を引き出せる酵母です。これらが掛け合わされることが、熊本で個性あふれる日本酒が造られている理由です。

楽しみ方


冷酒はスッキリ爽やかな味わい、熱燗は高い香りとコク
温度で楽しむ香りと味わい

日本酒は温度によって香りや味わいが変わります。冷蔵庫で冷やした冷酒や氷を入れたグラスに注いだオンザロックは香りが落ち着き爽やかな味わい。常温の冷やはその酒本来の味がよくわかる飲み方です。徳利に入れて温める燗酒【かんざけ】は温度によってぬる燗や熱燗など呼び方が変わりますが、温めることで香りが広がり、細やかな味わいや深いコクを楽しめます。酒と料理の温度を合わせると相乗効果でどちらもより美味しく召し上がれます。

WINEワイン

歴史の浅い熊本のワイン
しかし、実力は世界レベル

歴史


甘夏果汁入りフルーツワインがはじまり
コンクール受賞で熊本のワインが全国区に

 水俣市にある福田農場の「甘夏サングリア」は、ワインと甘夏果汁をブレンドしたフルーツワインで、熊本におけるワインの先駆けと言える存在。日当たりと水はけがいい山の斜面に、季節の柑橘類がたわわに実る異国情緒漂うこの地の魅力を伝える酒として誕生しました。その後熊本市に熊本ワインが設立。熊本ワイン醸造の「菊鹿ナイト・ハーベスト」が2004年には日本、2009年には世界のワインコンクールで受賞し、全国のソムリエ達が熊本のワインに注目しています。

特徴


ぶどう栽培に不向きな熊本で試行錯誤を重ねてできた
良質なぶどうで凝縮感あるワインを醸造

 熊本ワインは、原材料となるぶどうの多くを、菊鹿町の水はけの良い砂質土壌で栽培。さらに雨よけや水はけを良くする工夫など独自の栽培方法で試行を重ね、良質なぶどう栽培を実現しました。国内外のコンクールで受賞している「菊鹿ナイト・ハーベスト」は、果皮の香り成分が増す深夜から明け方に収穫したぶどうを使用。ベストなタイミングで収穫したぶどうを優しく搾り、ゆっくりと発酵させて繊細な味わいのワインを生み出します。「菊鹿ナイト・ハーベスト」はその希少さから、「幻のワイン」として注目されています。

楽しみ方


ワインの楽しみ方は温度とグラスが肝!
果物を入れてサングリアにするのも◎

 ワインには種類によって飲み頃の適温があります。冷蔵庫に入れて冷やして飲むのが一般的で、氷を入れて冷やすことも。赤は常温に近い方が、白は良く冷やした方がおいしい場合が多く、グラスによっても香りや味が変わります。華奢なグラスは味わいがダイレクトに楽しめ、ふっくらと丸みのあるグラスは香りが広がりより香りを楽しめます。ワインにカットフルーツと甘味料を加えてサングリアにして楽しむこともできます。

LIQUORリキュール

熊本の水×米×果物
本格焼酎と日本酒の蔵元が手掛けるリキュール

歴史


江戸時代には梅酒が造られていた
県内各地の蔵元で特産品を使ったリキュールを醸造

 リキュールが海外から日本へ持ち込まれた時期については諸説ありますが、江戸時代にはすでに、日本のリキュールの代表である梅酒が造られていたと言われます。現在、熊本県内各地の蔵元で造られているのが、焼酎ベースや日本酒ベースのリキュール。種類は梅酒の他に宇城産のデコポン、八代産の晩白柚【ばんぺいゆ】、天草産のあまくさ晩柑など特産の柑橘類を使ったもの、また、生産量日本一を誇るトマトや球磨酪農農業協同組合のヨーグルト、コーヒーを使ったものなど豊富にあります。

特徴


農業県熊本だからこそ種類が豊富
太陽光をたっぷり浴びて育つ柑橘類は酒になっても美味

 熊本県は、阿蘇をはじめとする雄大な自然と、豊富で良質な水資源に恵まれた農業県。全国1位の生産量を誇るトマトをはじめ、多様な農産物が生産され、有明海沿岸の温暖な地域では、柑橘類の生産もさかんです。空からと海面を反射した下からの太陽光を浴びておいしく育つ柑橘類は、リキュールになってもその爽やかな香りと酸味が楽しめます。

楽しみ方


定番の飲み方はもちろん、
組み合わせの数だけ味が広がるカクテルはリキュールの醍醐味

 氷がゆっくり溶けて濃厚からさっぱりとした味わいへと変化するオンザロック。飲みやすくて香りや味を楽しめる水割り。そこへ爽やかさをプラスしたい人はソーダ割。じっくり楽しみたい人はストレートで舐めるように飲むといいでしょう。また、リキュールと言えばやっぱりカクテル。ジュースや他のリキュールと混ぜると組み合わせの数だけさまざまな味わいに変化します。トマトリキュールは塩やタバスコを加えても楽しめます。

BEERビール

豊かな水資源と農産物で
熊本で、今、クラフトビールが熱い!

歴史


クラフトビールから始まった熊本のビールの歴史
酒税法改正でフレーバーの種類も豊富に

 1994年の酒税法改正によりビールの小規模醸造が可能になり、1995年には阿蘇ファームランドのビール工場(現在は醸造終了)、1997年には熊本クラフトビールと福田農場がビール醸造を始めました。また2003年には、町内に数十カ所の湧水地を持つ嘉島町に、サントリー九州熊本工場が竣工。2018年の酒税法改正によって、副原料に果実やハーブなどの使用が認められるようになり、さまざまなフレーバーのクラフトビールが各地で造られています。

特徴


水が美味しいからビールも美味しい
農業も盛んだから地域の特産品を副原料に使用

 ビールの成分の約9割は水であり、水はビールの品質に大きな影響を与えます。熊本のビールには、阿蘇を源とする伏流水や湧水など、良質な水が使用されているため、品質の高いビールを造ることが可能です。また、内陸性、海洋性、山地型気候と、様々な気象条件を持ち、水資源が豊富な熊本は農業が盛ん。2018年の酒税法改正により、宇城市のデコポンや山都町のいちご、菊池の米など、地域の特産品を副原料に使ったクラフトビールが増えています。

楽しみ方


グラスに注いでビールの持ち味、本領発揮!
グラスの形、温度で香りも味も変わる!

 クラフトビールは瓶詰のものも多いですが、グラスに注ぐと香りや味わいなどビールの持つ個性が最大限に発揮されます。勢いよくビールを注ぐと炭酸が少し飛び、樽生ビールのような滑らかな口当たりになります。また、香りを楽しむためには飲み口の狭いグラスで冷やしすぎないことがポイント。ビールを温める場合は両手でグラスを包み込むようにします。ビールを光に透かして色を楽しむのもクラフトビールの楽しみ方です。